歯科医院の決め方

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
大至急歯科医にかかってください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
もっと詳しく⇒自宅でホワイトニング

コメントを残す