入れ歯や差し歯に代わる新たな技術

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
参考:ホワイトニング 効果 比較