どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。
また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ホワイトニングジェルで効果的に歯をケアします